エイジングケアとしての女性の薄毛対策・ヘアケアについて

女性も薄毛になることがわかってきた反面、エイジングケアとしての髪の毛の維持が大切になってきました。

女性の髪の毛の曲がり角とは一体何歳くらいになるのでしょうか?

その答えは38歳がピークらしいんですね。

この時期を迎えたら、髪の毛のエイジングケアをはじめても良い頃でしょう。

女性ホルモンが減少するため髪の毛にも影響が出始めて、コシがなくなり艶不足や色素が充分入らずカラーリングがうまくいかなくなったりします。


アンチエイジング

エイジングケアとしてまず行いたいのがシャンプーを変える、ということです。

一般に流通しているシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれる、石油系のものが殆どですから、洗浄力は強くても、頭皮や髪の毛にはダメージが大きいのです。

ですから髪の毛に優しいと言われるアミノ酸系シャンプーなどを使うように考えてみてください。

インターネットなどで調べると、良いシャンプーがたくさん販売されていることが分かります。

一度検索してみましょう。


頭皮が乾燥しているなら

また髪の毛にハリツヤがなくなってきたと感じたら、髪の毛や頭皮の乾燥が進んでいるかもしれません。

そのような場合、トリートメントヘアオイルで髪のダメージを修復しつつ、潤いを与えることが必要になります。

ローヤルゼリーやコラーゲン、セラミドなど摂取するのが望ましいですね。

頭皮にスカルプローションを使用するのも良いでしょう。


マッサージで血行促進

また血行を良くすることもエイジングケアの1つです。

シャンプーをする際に指の腹で優しく頭皮をマッサージするだけで、頭皮の血行がよくなり、血行がよくなると血液に乗って栄養が毛髪に運ばれてきますから、艶髪を維持することができますよ。

ホルモンバランスを整える、これが最も重要な課題となってきます。

女性は年齢を重ねていくと、どうしてもホルモンバランスが乱れる傾向にあります。

ですから、疲れ、ストレスを溜めない、生活習慣の乱れを直すことを始めましょう。

年齢はいつまでも若い気持ちでいても、髪の毛の老化現象は防ぐことができませんから、髪の毛を美しいままキープするためにも乱れた生活習慣を改める必要があります。

シャンプーや頭皮マッサージのことなら、アラサー女性のヘアケアと薄毛対策について詳しく扱っているサイトが参考になると思います。